読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベーチェット病になったらこう生きる

不全型ベーチェット病を発症したシンガーです。病気で活動を制限される中、どう生きていくか模索&日々の症状を記録します。時々どうでもいいことも書きます。

何が幸せかは 本人のみぞ知る

朝起きたら 昨日の頭痛が嘘みたいに頭がクリアだった

というか

朝起きて頭が重くない日がほぼないので


実は起き上がったら めまいがするとか?

ズキズキが始まるとか?


とか思って

恐る恐る起き上がったけど


やっぱり今日は 頭痛もめまいもない!

ああ… 神様ありがとう!!

まー 手足のしびれ(関節炎)や倦怠感はいつも通りだけど

それでも寝起きが良いのはとっても稀


ありがたいな~

そして 朝は夫が 珈琲を入れパンを焼いてくれる


またしても

ありがたいな~

私は遅れて起きてきて ヨーグルトの準備をするだけ


こんなに恵まれてていいのかしら


ベーチェット病になって良かったことは

つらいとき夫婦二人で乗り越えてきたから

夫が私の体のつらさを理解していてくれること


病気の症状と極度の低血圧のため 朝起きれない私に代わって

夫が朝ご飯を用意してくれること

もちろん他にもたくさんいいことがある

とくに夫には感謝しっぱなし



そう 以前は朝も早く起きて

珈琲も沸かせたし よもや朝から家の廊下の掃除や玄関の掃除までしていた


そんなことも 体力の低下に伴いできなくなって

そして 無理にしなくなって


最低限の料理と 洗濯と 時々部屋の掃除だけしている

それも全部夫は手伝ってくれる


自営業の夫は作業中以外四六時中私といるみたいなもんだ

それはそれで大変じゃないのかな?って思うときもあるけど


くだらないこと言って 笑って 一緒にご飯作って 食べて

そうやって毎日過ごしている


病気だけど 決して不幸ではない

何がいいかはホント わからないよね


健康で 何にも障がいがなくて 望めば何でも手に入って
やりたいことやっているように見える人でも

人に言えないさみしさを抱える人を 私は知っている


わかんないよね~ホント みんな本音を隠してるからさ

とくに私が住んでいる田舎では

口は悪い癖に みんな本音では話していなかったりする

世間体とか気にしてね


私みたいに馬鹿正直に 違うものは違うでしょ

とか上司にも言ってしまうやつは やっていけないの


でも 自分らしく生き残る道を模索しよ~

とにかく体調が良いときはそう思えるんだ