読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベーチェット病になったらこう生きる

不全型ベーチェット病を発症したシンガーです。病気で活動を制限される中、どう生きていくか模索&日々の症状を記録します。時々どうでもいいことも書きます。

7月7日 朝の体調 朝のニュースについて

今朝の体調報告

おはようございます ますみです。

今朝は 昨日に引き続き頭痛もなく頭がクリアでした。

が、

手足の先からしびれ(関節炎?)がまあまああって

頭は起きてるけど 体はだるい

そんな寝起きでした。


そんな手足に力が入らない状態で階段を降りようとしたら

危うく踏み外してしまうところでした。(怖っ)


家の階段(築○十年)は 昔ながらの急な階段なため

特に寝起きの体に力が入らない時は最新の注意を払っています。

まるで年寄みたいですね。



いつものように 夫に珈琲を入れてもらい朝食をいただきながら

NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」を見て

ニュースをみてたら

何という恐ろしい事件が多いこと!

なんで人殺すの?

あと なんで暴行とかするの?



まー ごく普通の私のような凡人にはわからないことかも。


まず 他人に危害を加えるっていう 考えそのものがよくわからない。


自尊心が高いのかな?

なくては困るけど

ありすぎても困る 自尊心。



若干話がずれますが


以前勤めた いくつかの介護施設の経営者とかに多かった例。



部下が自分の思い通りに動かなかったり、意見を述べたりすると


とりあえず

切れる


別に盾突いているわけではなく よかれと思って意見を述べただけなのに

やっぱり

切れる


そんな経営者が多かった
(もちろんそうでない人もいます。個人の見解です。気を悪くされた方 すみません。)



そんな経営者達は 仕事ができる できない はともあれ

自尊心が必要以上に高い人 が多いように思う。


その多くは

逆境の中で生き抜いてきた自負がある

ボンボンで褒められすぎて育ってきた故 否定意見を受け入れるキャパシティーが備わってない

あるいは

対人関係に先天的障害がある

のいずれかじゃないかと 個人的に思っている。



いずれにしても 二度と関わり合いになりたくない人々だ。



ただ もしADHDアスペルガー症候群が子供の時に見つからないまま大人になってしまっている人だった場合、

本人も周りの人々も とても大変な思いをしていると思う。

それは本人が必ずしも悪いとは言えなくて なんだか切ない。

今後の良い展開を期待したい。



再度加えておくと 決して介護施設の経営者を否定したり非難したりしたいわけじゃないです。
いい経営者もいると思いますよ。



まーこの話が 先の「人を殺す」とか「暴行する」とかの事件に関係あるかないかは

さておいて


切れやすい人が多くなっているのは事実だよね。


そして 事を実行するまでに「自分を抑える」っていう

ワンクッションがない人が増えてるのかも

それが一番怖い。


それって

問題発言の多い議員さんたちにも 似てない?

人の気持ちを察することができない そんな人が国政を担っている事実。

うーん。



そういう私も ここに好きなこと書いてますがね。




そういえば 今日は七夕だね!

天の川見えるかな?

天気よくな~れ!


ではまた!